北浜こどもクリニック

お知らせ
Information

<重要>診療時間短縮について

[更新日:2020.05.25]

昨今のコロナ騒動を受け当院は6月1日より当面、診療時間を17時までと切り上げさせていただきます。

皆様にはご迷惑をおかけすることになりますが、ご理解のほどお願いいたします。

<重要>オンライン診療の注意点

[更新日:2020.05.15]

オンライン診療をするにあたって以下のことをご注意ください。

<1>保険証と医療証の添付
月初めの受診の際には必ず添付をお願いします。
変わってなくても月1回の添付はしてください。

<2>画質について
動画は画質が非常に粗いため、皮膚などの状態はまったく把握できません。
写真を撮り添付するようお願いします。

<3>通信環境について
ネット回線が混んでいると通信が途絶えてしまいます。
オンライン診療中は自宅内の他の通信機器をオフラインにして通信環境の改善をお願いします。

新型コロナ抗体検査について

[更新日:2020.05.07]

新型コロナウィルス(COVID19)の抗体検査を実施します。

以下お読みになり検査をご希望の方はお電話でご予約ください。
検査に関して電話で質問するのはお控えください。


この検査は現在コロナに感染しているかどうかの検査(PCR)ではなく、抗体の有無(過去に感染してすでに免疫ができているかどうか)を調べる検査です。

したがって現在症状がある方にはおこないません。
原則、現在無症状の方に限ります。

検査の感度(陽性率)は80%、特異度(間違って陽性と出ない確率)は99%以上です。
今後世界的に広く普及していくであろう検査です。


新型コロナは多くが軽症あるいは無症状で済んでしまうため、実は多くの人がすでに感染を終え免疫を獲得しているのではと推測されてます。

自身に免疫があるかどうか知りたい方はご利用ください。

医療従事者や保育士など社会的に重要なインフラである方々には必須の検査となっていくでしょう。

血液検査で15分程度で判定できます。
現在無症状の3歳以上のお子さんと親御さんが対象です。

費用は22000円(税込)となります。

混雑具合によってはご希望の日時に予約できない場合がありますのでご了承ください。
10時台のクリーンタイムがお勧めです。


連休中の診療

[更新日:2020.04.27]

今年もカレンダー通りの診療となります。
混雑をさけるためなるべく予約を取ってご来院ください。
急を要しない場合はオンライン診療の活用もしましょう。

受診の際の同伴者について

[更新日:2020.04.15]

皆様にお願いがあります。

感染予防のためには人が密集することは絶対に避けなければなりません。

受診の際には最低限の人数でご来院をお願いします。
可能な限り、お子さんをお連れする保護者は一人にしましょう。

ただ横に座ってるだけのパパは家か車で待つようにしてください。

そしておじいちゃんおばあちゃんの「同伴」は絶対にご遠慮ください。
(保護者としてお子さんをお連れする場合を除き)

院内が少しでも密集空間にならないため、そしてハイリスクである高齢者への配慮を、再度お願いいたします。

患者様へ

[更新日:2020.04.10]

具合が悪いのに受診を我慢した結果、状態が悪くなるケースが増えてきてます。
そうなったときに入院しようにも、病院はパンク寸前で受け入れてくれないのが現状です。
病状が悪化する前にしかるべき治療をおこない、軽く済ませることが特に今の時期は重要です。

受診を迷うお気持ちは良く分りますので、院長よりいくつかポイントをまとめさせていただきます。


<1>具合が悪いなら受診しましょう

当院はもともと待ち時間が短く、予約さえ取れれば滞在時間は数分で済みます。
院内も、やり過ぎるほど換気・消毒を徹底し次亜塩素酸入りの加湿器や空気清浄機が稼働してます。さらにクリーンタイムを設置して感染と非感染を分けてます。
院内で感染するリスクは限りなく低いので、心配なさらずご来院ください。
分からない場合はお電話にてお問い合わせください。
オンライン診療などの活用も良いでしょう。


<2>コロナウィルスは子供に悪さしません

まだまだ分からないことが多いウィルスですが、これだけははっきりしてます。
子供には感染しづらい・感染してもほとんどが軽症で済んでしまうってことです。
それは我々親世代でも言えることで、我々にとっても大半が軽症あるいは無症状で済んでしまうモノです。
まれに死亡例が出たりしますが、それも普通の風邪による死亡率と何ら変わりありません。
コロナウィルスを過剰に恐れる必要はありません。
所詮は「風邪ウィルス」であるという院長の認識は、今でも変わってません。


<3>外出について

クリニックに診察と薬をもらいに行くことはまったく問題ありません。むしろ必要なことなので是非お願いします。
大事な事は、症状(熱・咳・鼻など)のあるお子さん(親も)は受診以外は外出させないことです。
いくら子供や我々が軽症で済んでいるといっても、それが他の人にうつるかもしれない、その人も軽症かも知れないけど、回り回ってハイリスクのお年寄りに感染させてしまうかもしれません。
現時点では、少しでも症状のある人は(クリニックへの受診は構いません)治るまで家に居るようにしてください。

症状が無い場合は、人と接触の少ない公園や河川敷で体を動かすことは構いませんし、むしろ推奨します。
無症状なのに24時間室内にこもらなくても良いでしょう。
ただ、無症状でもウィルスを持っているかもしれないと考え、マスクの着用は必ずしましょう。

院長もマスクは絶対にしない派でした。
マスクをしても自分への感染を予防することはできないからです。
でも、もし自分がウィルスを持っていたら他にうつしてしまうかもしれない、それを防ぐためにマスクを着用してます。


<4>コロナかどうかはどうでもよい

現状ではコロナに感染しているかどうかを検査することは事実上難しいです。
が、子供や我々が感染しても恐くないため、最低限の対症療法を施しておけば自然に治癒します。
大事な事は、コロナかどうかに関わらず症状がある場合は、それが何であれ他人にうつさないようにすること、これだけです。
何度も繰り返しますが症状がある場合の、受診以外の外出は厳禁です。


<5>報道は見ない

誤ってるとまでは言わないけれど、少なからず弯曲された情報しか報道されてないと思ってください。
少しでも興味を引こうとセンセーショナルに報じるのが常套手段だからです。
見ていても気が滅入るだけで1ミリのメリットもありません。SNSもしかり。
必要な情報はこちらから配信するので、それ以外にはあまり目や耳を傾けないことです。



当院はいつでも皆さんの一番の味方です。
皆さんが安心・安全に受診が出来、安心した生活を送れるために院長以下スタッフは日夜寝ずに奮闘してます。

身近に心強い味方がいるんだ!と思い、色んな事に振り回されることなく毎日を楽しみましょう。

オンライン診療をご利用ください

[更新日:2020.04.09]

安部首相の会見内容を受けオンライン診療を拡充しました。

喘息・夜尿症・アトピーなどの定期処方
保湿剤だけの処方
その他、急を要さないお薬の処方

これらすべて当面の間オンラインで処方可能といたします。
予約ページ「アレルギー外来」からご予約ください。

オンライン受診に関する料金はいただきませんが、自己負担のあるなしにかかわらずクレジットカードの登録が必要になります。

処方箋はご自宅まで郵送いたしますので、1週間以内にお近くの調剤薬局にお出しください。
お薬そのものを配送希望の方は受診時にお申し付けください。(有料となりますが対応可能です)

当院の再診コードは
「J7TDHSF3」
となります。

<重要!>クリーンタイムを導入します

[更新日:2020.04.03]

4月6日(月)より「クリーンタイム」を導入します。

感冒症状(熱・咳・鼻・嘔吐・下痢など)のない患者さん専用の時間帯となります。
クリーンタイムの間はこれら症状のある患者さんは入室できません。

毎日    10時~11時
木・土以外 16時~16時半

クリーンタイム前にいったん院内の消毒・換気を行います。

定期受診(喘息・アレルギー・皮膚・夜尿症・プラセンタなど)や育児相談などに是非ご活用ください。

なお、予防接種の時間帯は開業以来変わらず「クリーンタイム」です。
予防接種には安心してお越しください。

水曜診療は18時までです

[更新日:2020.04.01]

4月より水曜の担当医は院長に戻ります。
なお、水曜に限り診療時間が18時で終了となりますのでご注意ください。

最新情報はLINEにて配信いたします。
かかりつけ患者さんは必ず登録をお願いします!

https://www.kitahama-kidsclinic.jp/line/

不要不急な外出は控えましょう

[更新日:2020.03.28]

東京都や神奈川県では不要不急の外出を控える要請が出ました。
色々と思い・考えはあるでしょうが感染拡大を食い止めるために、粛々と協力しましょう。

院長よりかかりつけ患者さんに向け注意事項です。


<不要不急の外出は控えましょう>

当然のことです。
世間では「3密」が言われてますが、今一番避けなければならない3密の一つに公共交通機関があると考えます。
バスや電車での移動は控え、自家用車か徒歩での移動にとどめましょう。
自家用車が無い方は徒歩圏内だけの移動範囲にとどめるべきです。
感染拡大を止めるにはそうするのが最も効果的だからです。

が、24時間自宅内に引きこもるのはお子さんの健康上・精神衛生上も良くないと考えますので、可能であれば1日1回の外気浴はさせたいところです。
公園や河川敷など、広くて他人との距離が取りやすい場所であれば、外気浴がてらお子さんを遊ばせることはできるでしょう。
残念ですが人が多く集まる、桜の木の周辺は今年に限り我慢しましょう。
寒くなければ日が暮れてからもよいかも知れません。
西の空に金星がとっても明るく輝いてるし、他の星も綺麗ですよ。

これは低リスクのお子さんに限った話です。
お年寄りは極力外出を控えるようお願いいたします。
そして繰り返しますが、「可能であれば」「あくまでも徒歩圏内で」、です。

そして最も大事な事は、少しでも症状(熱・咳・鼻)がある場合は外出は絶対にしないようお願いいたします。



<体調が悪いときは受診してください>

お子さんやパパママ世代が感染しても命に関わる重篤な事態にはなりません。
小児科にはハイリスクの高齢者が来ませんので、具合が悪くなった場合は我慢せず受診して大丈夫です。
その際、お年寄りが多くいる総合病院や、小児科をついでに標榜している内科や耳鼻科は避け、当院のように小児科だけを掲げているかかりつけクリニックを受診するようお願いします。
医療機関に限らず、お年寄りが多く集まりそうな場所に不用意に近づくことは絶対に避けてください。
自分がウィルスを持ってるかも知れないとして、最も感染に弱いお年寄りにうつさないような配慮をしましょう。



<買い占めは止めましょう>

外出禁止になったら買い占めに走る・・これでは全くの本末転倒、愚の骨頂です。
たくさんの商品を持ってレジに並ぶ、これこそが感染拡大の温床となるし大混乱している欧米各国で起こっているのと同レベルです。
戦時下ではありません。
食料は無くなりません、日用品も無くなりません、ガソリンも無くなりません。
今ご自宅にあるものでやりくりが必ず出来るはずです。
もし万が一本当に食べ物が無くなったとしても、LINEで連絡を取り合ってママ友同士で分け合うなど、いくらでも協力は出来るはずです。
商品を探し回り殺到することこそ最も愚かなこと・今一番やっちゃいけないことであると認識しましょう。



当院はいつでも頑張るパパママそしてお子さん達の味方です。
どうか当院の見解を信じ、今はちょこっとだけ我慢してみましょう。

北浜こどもクリニック 院長   北浜 直